トップ » 東京都 » 読書

読書

コミュニティ名:読書
コミュニティについて: おすすめの本について教えて下さいね♪
参加人数:4人
参加資格:誰でも参加できる
  [  1   2  ]次を表示 >> 1件~10件(全12件)を表示

ダイスをころがせ!(0) 2011年7月27日 21:45

投稿者:kikuさん


真保裕一
「ダイスをころがせ!」
出版社はなんと
毎日新聞社


一言で言うなら
選挙の話です。

と言っても
青春ストーリー


なかなか面白いテーマで青春群像を描いたものですね♪


サンデー毎日に連載されていた話のようです。

題名だけで手に取りましたが満足です♪

わしの眼は十年先が見える(0) 2011年7月24日 20:39

投稿者:kikuさん

 
城山三郎を読んでます♪

経済小説の城山三郎さん大好き♪
「わしの眼は十年先が見える」を読んでます。

でも城山三郎さんが名古屋出身者とは知らなかった

本日の読書(0) 2011年5月7日 20:58

投稿者:kikuさん

 
本日の読書は友人のオススメ

伊坂幸太郎作
「マリアビートル」


「むちゃくちゃ面白いですよ~!!」のコメント付きで、この本もお借りしたもの…


私、この作家さん知らなかったけど
「ゴールデンスランバー」「グラスホッパー」「重力ピエロ」なども書いている方でした。

映画にもなってますね〓

ではまた

ふと興味を持ち読んでいる本(0) 2011年3月21日 22:28

投稿者:kikuさん

  
今回、そして阪神大震災の時も活躍している自衛隊


常備自衛官と予備自衛官がいることも今回初めて知った。


この本の推薦文を書いている方も
アサヒビールの名誉顧問の方で士官学校の卒業生

自衛隊ってどんなところなんだろうと、この本を手に取りました。

本日の読書(0) 2011年1月28日 23:18

投稿者:kikuさん

  
「魔法の仕掛人 ウォルト・ディズニー」

この本は、ディズニー側に許可をもらって書いてあるもので完全にディズニーから公式自伝です。

先日の読んだディズニーサイドに訴えられた本とは真逆。



そこも含めて楽しみたいと思います。

ヽ('ー'#)/

ではでは

ウォルト・ディズニーはスパイだったらしい 実話(0) 2011年1月16日 23:42

投稿者:kikuさん


前出の実録本
「闇の王子ディズニー」

まだ読み掛けだけど、気になる情報がわんさか

ウォルト・ディズニー
は1940年、39歳の時に、アメリカ政府の国内諜報部員になったらしい。

FBIから提供された資料も数多くあるようだから、事実であろう。

まだ15ページ目であるが凄い本だ。


ディズニー・スタジオから、出版社での企画書段階で差し止めの力が掛かった理由がわかる。

またディズニーの公認の自伝が一つしかない理由がなんとなくわかる。


作者は深いところに触れたがる、闇をえぐることに興味がある、当たり前だ。


夢を与えるワールドを自負するディズニーサイドは隠したがる、これも当たり前だ。



ここからどうなるのか…

ワクワクして仕方がない。

ウォルトディズニーの実録本を読んでいる(0) 2011年1月15日 22:57

投稿者:kikuさん


題名は「闇の王子ディズニー」上下巻

作者は「マーク・エリオット」

この本を選ぶにあたって
ディズニーは戦時中、戦争映画を積極的に作っていたと友人から聞いた。

ディズニーはそうして戦争を生き残った企業だとも。


そんな闇の部分を描かれた本がこれで実話らしい。


まだ本を開いたばかりで内容は読んでないが、実際の写真がいっぱいある。
キャラクターの出来た経緯のイラストレーションが実際にあったり、映画のオーディションのため、従業員の水着審査をするウォルトディズニーの写真があったりして面白そうだ。


冒頭のディズニーの言葉

「私が作っているのは、お子様向け映画じゃない。子供は純真だと言うが、極悪非道の人間でも、純真さのない者はいない。たとえ、それがどれほど心の奥深くに埋もれていようと。私は自分の作品で、その純真さに手を差しのべ、呼びさまそうとしているのだ」


深い言葉だと私は思う。

ではちょっと変わったディズニーワールドに行って参ります

本日の読書(0) 2010年12月25日 23:46

投稿者:kikuさん


村上春樹さんの
初めての短編集

中国行きの「スロウ・ボート」

本日の読書(^0^)/(0) 2010年12月6日 21:35

投稿者:kikuさん


池波正太郎の

「鬼平犯科帳1」

鬼平って、主人公の「火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)」の御頭(おかしら)、いわゆる長官の
「長谷川平蔵宣以(はせがわへいぞうのぶため)」

に対して
「鬼の平蔵」「鬼平」
と、盗賊たちがよんで恐れたというところから来ていたのですね。

ドラマは何度か観ていましたが全然知りませんでした。

本も結構面白く、しばらくこの世界に没頭します!!

ではまた

魚の祭(0) 2010年11月29日 21:28

投稿者:kikuさん


おはようございます(´∀`)
毎日寒くて外に出るのが億劫になります。
大好きな温泉に入りたいと強く思う
今日この頃…

温泉には行けないけれど
とりあえず
今日の読書

柳美里作
「魚の祭」
です。

今日も1日頑張りましょうね~

  [  1   2  ]次を表示 >> 1件~10件(全12件)を表示

ログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録

ログアウト

ご利用ガイド

主婦チャレ!Pickup


<PR>
冠婚葬祭のマナー学
鬱(うつ)病の症状と治療
大家さんで不動産投資